体の準備

夫婦で「子供が欲しいね~」と話題になった時、取り組む事と言えば子作りです。

自然の流れに任せていつか妊娠できれば良い”と考えていればそれ程積極的にセックスは行わず、良い雰囲気になった時や夫婦どちらかの又はお互いの気分が高まった時に行えばいずれ妊娠する事ができるでしょう。

対して“なかなか妊娠できないので、できるだけ早く妊娠したい”と考えていれば、自然妊娠を望む人たちよりも子作りに対する意気込みは強いものとなっていきます。

1日でも早い妊娠を望むのであれば正しい子作りセックスの仕方を知っておく必要があります。

今回は子作りセックスをするための心がけ3つを紹介します

子作りセックスのため心がけたい3つのこと

1質の良い子作りセックスを行う

セックスを行われなければ子供を授かる事は100%ありません。そのため子作りとセックスは切っても切り離せない関係にあります。

本来は本能に身を任せた質の良いセックスを行う事で子供が授かる可能性は高まります。

ですが、不妊に悩んでいる人の多くはそれができておらずセックス自体の質が下がっています。

そして質の低いセックスを行っていても妊娠という良い結果には繋がりません。

ではなぜ質の低いセックスになってしまっているのか?

質の低いセックスになる原因

それは女性の排卵日を利用したセックスを行う事で男性側に「義務感」が生まれてしまうからです。

「この日が排卵日だからセックスして射精してね」

そう言われて行うセックスは気持ち良くないですよね?

不妊治療や妊活では排卵日に合わせたセックスが推奨されています。しかしそれは夫婦間で納得して取り組む事が前提の話です。
少しでも思い違いや温度差があると何度、排卵日に合わせたセックスを行っていてもいつまでも結果を得られない状態が続きます。

子作りセックスを成功に導くには排卵日のタイミングばかりを重視せず、本能に身を任せた質の高いセックスを行いましょう。

2グッズを使うのも一つの手


フーナーサポート潤滑ゼリー

精子が確実に子宮に到達するには膣内の「浸透圧」「粘度」「ph(酸性値)」という3つのポイントが重要となります。
フーナーサポートはその3つ全てを満たして妊娠するための膣内環境にするためのグッズです。

フーナーサポートの使い方

容器はピストン状でビニールで梱包されています。

中身のゼリーは透明で無臭。
触った感じは、ベタベタというよりはサラサラです。

セックスの前に先端のキャップを外して女性の膣内に挿入してゼリーを注入します。
潤滑油の働きもあるので、性交痛で悩んでいる方も使うと良いでしょう。

3、セックスの回数は多ければ多い程良い

セックスレスの夫婦は世界的にも年々増え続け、それは日本でも同じ傾向にあります。

毎日セックスを行っている夫婦でも妊娠の確率は約37%と言われています。

その回数が1日おきに変わると33%。更に減って1週間に1回になると15%にまで低下します。
妊娠するためにはセックスの回数は非常に重要となってきますがセックスの回数が減ると絶対的に妊娠の確率は低くなっていきます。

排卵日は気にしすぎない

セックスの回数が減っている原因の1つに「排卵日の気にしすぎ」があります。

女性の排卵日をピンポイントで知るのは専門家でもかなり難しい事です。その排卵日に合わせて「月に1回だけ」セックスをしていては妊娠できるわけがありません。

そのため回数を増やしてできるだけ排卵日に近い日にもセックスを行う必要があるのです。

毎日セックスしても精子の数は減らない

“毎日セックスすると精子の数が減るのではないか?”というものです。

答えは「問題ありません

精子は1秒間に数百個作られています。個人差はありますが1日で数千個、数百個が生まれているのです。

1度の射精でそれらがすべて放出されたとしても次の日にはまた元気に生まれてきます。

セックスを多く行うことが妊娠につながる

セックスを行うのは難しい!という意見は納得できなくもありません。
しかし子作りをするという目標を掲げるのであれば夫婦間でコミュニケーションをしっかりと取って日々行うセックスを質の高いものとすれば子作りセックスは必ずや成功する事でしょう。

男性の精子の数の心配は不要です。セックス時の射精によって活動力の高い精子を毎日体に取り込みましょう。

セックスの回数が多ければ排卵日を取りこぼす確率は低くなります。妊娠への希望が一気に膨らんでいきます。

まとめ

セックスに対して淡白な人や苦手意識のある人には子作りセックスは向いていないかもしれません。しかし、どうしても子供が欲しい。できるだけ早く妊娠したい。と思っている人であれば子作りセックスにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

排卵日を待っているだけのセックスでは子供の顔を見られるのはずいぶんと先の事になってしまうかもしれません。