ピンクゼリー 病院

女の子の産み分けに効果的なピンクゼリーはどこで購入できるのでしょうか?

今回は産婦人科での購入や通販での購入について紹介します。

そもそも産み分けに使われるピンクゼリーとは?

まずはピンクゼリーを知らない方にピンクゼリーを紹介します。

ピンクゼリーとは性交の際に女性の膣内に挿入する事で体内の酸性値を調節し、酸性に傾けてくれるゼリーのことです。

膣内が酸性になる事で女の子が産まれるのに有利なX精子の活動を活発にし、男の子が産まれるのに有利なY精子を死滅させることが可能です。

産婦人科で購入できるピンクゼリーについて

“ピンクゼリー“をいざ使ってみたい!と思った時、まず思い浮かぶのが病院の産婦人科での購入でないでしょうか?


ピンクゼリー公式サイトを見てみる

産婦人科では、こちらのピンクゼリーが紹介されます。

産婦人科医と共同開発されたので人気の医療グッズです。

購入できる産婦人科は一部

ただ、問題なのがピンクゼリーを購入できる産婦人科は非常に少ないということです。
ご自宅の近くに産婦人科にあればラッキーですが、可能性は少ないでしょう。


ピンクゼリー公式サイトを見てみる

そこで一番手っ取り早く手に入れられるのが「インターネット通販」です。

こちらの公式サイトでの購入が確実です。

※ピンクゼリーの類似品に注意

ピンクゼリーには他に画像の箱に入ったような類似品が多数ありますが、「雑貨」として区分されるものです。

間違って購入しないようにしましょう。

正規品のピンクゼリーについて


ピンクゼリー公式サイトを見てみる

産み分けを行う人たちに選ばれている「ジュンビー社製のピンクゼリー」ですが、使い方や特徴を紹介します。

使い方について

ピンクゼリーはこのようなピストン状の容器に入っています。

使うときに先にあるキャップを取り外して使います。

手に出してみると写真です。

透明で無臭。ゼリーというよりはに水に近いです。

使う時は子作りセックスの前に膣内に挿入します。

実際に試してみると、ゼリーで膣内で満たされた感覚がありました。不快な感じはありません。

こちらでピンクゼリーのさらに詳しい使い方を紹介しています。

ピンクゼリーの区分は管理医療機器

流通している多くのピンクゼリーは商品区分としては「雑貨」に区分けされます。

しかし、正規品のピンクゼリーは特許を取得した製品でありその区分は「管理医療機器」となっています。

多くの人達からの支持されているのが「管理医療機器」であるということなんですね。

新しい命の誕生の為に。また、使われるお母さんの為に。

※管理医療機器とは

薬事法によって安全性が認められ、医療品としての販売が許されている製品に付けられる認証のことです。

製造・販売には厚生労働省指定の機関からの審査が必要で、そこからの承認・認証を受けて初めて販売が認められます。

しっかりと安全性・衛生面が考えられている商品だと言えるでしょう。

値段について

最後にピンクゼリーの値段について紹介します。

1箱 14,800円
2箱 26,600円
3箱 38,400円

2箱以上購入した場合の割引もあり、複数箱購入すれば1回分当たりの金額がかなり割安になるのでお得です。

実際の使用者の口コミ

最後に使用した方の口コミを紹介します。

購入の参考にしてみてください。

20代 Aさん

夫婦で女の子希望でした。
2セット目の途中で妊娠が発覚。妊娠8ヶ月で、産婦人科に行ったところ女の子です、ということでした。
病院で産み分け指導しているところもあるようですが、病院に行かなくても産み分けできました。

30代 Sさん

注射器の先は丸く皮膚を傷つけることないように気遣いがされています。

希望の性別の子に産み分け成功できたので使ってみた効果があったかなと思います。

20代 Kさん

2人目に女の子がほしかったので使ってみました。

同じく実践した友人は無事に女の子が産まれましたが、私は使い方が悪かったのか男の子でした。

使い勝手は悪くないので3人目の時にまたチャレンジしようと思います。

まとめ

今回は産婦人科でも紹介されているピンクゼリーについて紹介してきました。

ピンクゼリーを使い始めてすぐに妊娠し、女の子を出産できた人もいれば、数年かかって妊娠する方もいます。

そんな環境の中で精神的、肉体的に負担にならず自分達のペースで女の子を産み分けする方法としてピンクゼリーはオススメです。

簡単に使えて安心して使い続けられることから多くの人気が得られているのでしょう。