ピンクゼリー

ピンクゼリーは名前の通り、産まれてくる子供を女の子に産み分ける際に使うゼリーです。


ピンクゼリー公式サイトを見てみる

そんな便利な医療グッズですが

「使った後、副作用は無いのか?」「産まれてくる子供に障害は出ないのか?」等々…

様々な安全性についての疑問点も出てきます。そんなピンクゼリーの安全性について紹介します。

そもそもピンクゼリーの役割は?

ピンクゼリーの役割は「女性の膣内を酸性に保つことで女の子が産まれる確率を上げる」と言うものです。

具体的には

子作りセックスをする前に膣内にゼリーを挿入します。

ピンクゼリーによって膣内の環境が酸性になると男性が持つX精子(女の子になる精子)は酸性に強いので働きが活発になります。

活発になることでX精子が卵子に届き受精する確率が高まるので女の子が産まれやすくなります。(このときY精子という男の子になる精子は酸性に弱いので多くは死滅します)

こちらでピンクゼリーのさらに詳しい使い方を紹介しています。

このように膣内の酸性値を変えてしまうピンクゼリーですが、なんだか怖い気もするという方もいるでしょう。

副作用はあるの?

公式サイトにはピンクゼリーを使っても今まで副作用が出ていない事が説明がされています。

でも本当に安全なのでしょうか?

ピンクゼリーの成分は全て公開

原材料名 配合目的
精製水 基材・主成分
グリセリン 保湿
ヒドロキシエチルセルロース 粘度調整(食物繊維から作られる成分)
乳酸 膣内環境を整える
クエン酸ナトリウム ph値の調整を行う
パラオキシ安息香酸メチル 防腐剤
エデト酸ニナトリウム 防腐剤
ヒアルロン酸ナトリウム 保湿

ピンクゼリーを販売しているjunbie(ジュンビー)はピンクゼリーに使用している全成分を一般に公開しています。
もちろんこれは使ってもらう人に向けて安心感を持って買ってもらう為ですね。

それでも、多くの販売元は成分を表示していなかったり、していても一部である場合が多いので好感が持てます。

配合している成分を見てみると?

みなさんが一度は耳にした事のある成分が多々あるでしょう。

これは何?と思う成分でも医療品や化粧品にも使われている成分ばかりです。

なので、体に害はなく障害児が産まれてくる原因となる危険な成分は無く安心して使えることが分かります。

障害児が産まれる心配はない?

障害児が産まれるのにはきちんと理由があります。

その大きな原因一つが“遺伝子の異常”です。

父親・母親が持つ精子、卵子が何らかの原因(ウイルスや放射能)で通常とは違った形になった時、遺伝情報としてお腹の赤ちゃんが障害児となります。

ピンクゼリーは膣の中を酸性に保つだけです。

なので、使用したからといって障害などが発症してしまう可能性はありません。

ピンクゼリーの安全な使用方法とは?

ピンクゼリーは1本使い切りタイプです。

特許を取得した容器に1回に必要な成分がしっかりと詰まっています。

女性がリラックスできる態勢で(仰向けやかがみながら等)性行為の際に挿入しましょう。
もちろん女性本人が行ってもパートナーが行ってもどちらでも構いません。

私には量が多くてもったいない」「次に置いておけば費用を浮かす事ができる
誰もが考えてしまいがちですが残ってしまった分は思い切って処分してください。

使い切る期間も守りたい

みなさん口にする物の賞味期限・消費期限は気になりますよね?

ピンクゼリーはどの製品にも箱の側面等に使用期限が表示されています。

個包装されている10本すべての包装部分にも記載がされています。(箱を誤って処分してしまってもこれなら安心です)

※産み分けに積極的であれば使い切るのはあっという間かもしれませんが、一旦使うのを休憩する場合は製造日からせめて2年以内には使うようにしてください。

使用者の口コミ

最後にピンクゼリーを使用した方の口コミを集めてみました。参考にしてください。

医者に勧められて

通っている産婦人科に勧められて購入しました。

医者に勧めてもらえたことで安全ということが分かり、リラックスして妊活に望めました。

女の子が産まれました

最初値段が高かったので抵抗がありました。でも、女の子が産まれる確率が80%ということだったので購入。

2箱使っているときに妊娠が分かりました。

7ヶ月目の観察経過で無事に女の子だと分かりました。

まとめ

今回はピンクゼリーの安全性について紹介しました。


ピンクゼリー公式サイトを見てみる

“ピンクゼリー“が多くの人達に選ばれて使われていて、これまで問題がなかったことからもピンクゼリーが安全に使えることが分かりますね。

女の子を授かりたいご夫婦は安心してピンクゼリーを使ってみるとでしょう。

※必ず公式サイトから購入する

インターネットで検索するとピンクゼリーはオークションサイトやフリマサイトでも出品されているのを目にします。
公式サイトと比べて値段が安い事もありつい手が出てしまう人もいるかもしれませんが、「安全性」を求めるのであれば公式サイトからの購入が一番です。
安全性でないのは以下のような事からです。

  • オークションやフリマで売られているピンクゼリーは使用期限が経過している物かもしれません。
  • 画像では開封していないように見えても、手元に届いた時には箱が一度開いていることがあります。
  • 誰かが一度触れた物は感染のリスクが生まれます。もし何かに感染したピンクゼリーを使ったら妊娠どころの話ではなくなってしまいます。
  • 何か起こった場合でも保証がされません。

いくら値段が安くても個人からの購入は安全性が確実とは言えません。
個人販売の価格の安さに気持ちが傾いてはいけません!公式サイトからの購入金額には「安全」の値段も含まれていると思った方が良いでしょう。

安全な方法で使って、ぜひ産み分けに成功してください。