その他

多くの人が理想としている出生の順番が“一姫二太郎”です。
今回はそんな一姫二太郎のメリットや、これから妊活をして一姫二太郎を授かりたいという方のために男女産み分け法について紹介します。

そもそも一姫二太郎とは?

この言葉を知らない人達へどのような意味なのかをご説明します。

「昔から使われている言い伝え」であり、「子供を授かる順番」を示しています。

一姫・・・1人目は女の子

二太郎・・・2人目が男の子

兄弟が3人以上いても1人目が女の子で2人目が男の子であれば「一姫二太郎」という言葉は使う事ができます。

※間違った解釈

一姫・・・女の子が1人

二太郎・・・男の子が2人

“子供は3人が理想的である”というのは「一姫二太郎」の使い方として間違っています。

一姫二太郎の3つのメリット

昔から使われている言葉であるにはそれなりの理由があるはずです。

①女の子は育てやすい

女の子の方が男の子より体が丈夫で最初の子供としては育てやすいという事が言われています。

実際に男の子は熱を出しやすかったりお腹が弱くよく下痢をしたりして手がかかるので育てやすい女の子が最初の方が理想だと言われています。

②女の子の性格は強い

最初の子が男の子でも女の子でも親は初めての育児となります。

あれもこれもと子供に吸収させたいと頑張りますが、受け止める子供がお兄ちゃんお姉ちゃんの立場になった時に差が表れます。

女の子は責任感の強い性格になる場合が多く、これが下の子の面倒見の良さに繋がると言われています。

反対に男の子は甘えん坊の性格になる場合が多く、下の子に意地悪をして親の視線を自分に向けさせたがる傾向があります。

しかし子供の性格はどの子も一緒と言うわけでは無いので必ずしも当てはまるとは言い切れません。

あくまで、このようなパターンが多いと、とらえてください。

③女の子は将来離れない

これは一姫に限ったことではありませんが、男の子は将来お嫁さんの物となり親からは離れて行ってしまいます。

しかし女の子は結婚後も多くが親と繋がりを持ったままなので寂しさがありません。

結婚して家を出てからも頻繁に会いに来てくれたり孫の顔を見せに来てくれるのは親をずっとそばで見てきているのが女の子の特徴です。

なので、「何番目でもいいけど女の子を一人は持っておきたいから出来れば早めに産んでおきたい」というお母さんが多くいます。

一姫二太郎を授かるには産み分けを考えると良い

一姫二太郎を授かりたいという方は多くいます。

そんな男か女か希望の性別の子がほしい方のために産み分けという方法があります。

産み分け法で有名なものにはタイなど海外での体外受精がありますが、費用や時間がかかるので夫婦の負担がとても大きいです。

海外に行かなくても国内で簡単にできるのが産み分けゼリーを使用した男女産み分け法です。

産み分けゼリーなら簡単に産み分け可能

もし自分の家庭も一姫二太郎が良くて、どちらかの性別を産み分けたいと考えているなら産み分けゼリーを使って産み分けする方法が簡単で効果的です。


ベイビーサポート公式サイト

国産の産み分けゼリーで多くの人に選ばれているベイビーサポート。

  • 産み分けできる成功率は92%
  • 簡単に使える
  • 国産なので母子ともに安全

このような特徴があります。

産み分けゼリーはこんな仕組み

産み分けゼリーは膣内の酸性値を酸性アルカリ性かどちらかの環境にしてくれる医療グッズです。
そうすることで女の子になる精子(X精子)男の子になる精子(Y精子)のどちらかが活発に活動でき希望の性別を産みやすい環境にしてくれます。

使い方は簡単

セックスの前に膣の中に希望の性別のゼリーの容器を挿入してピストンを押します。

そうすると中からゼリーが出るので、膣内をゼリーで満たします。

それから性行為をするという方法です。簡単にできるので性行為の時のムードを壊してしまう心配もありません。

こちらで詳しく産み分けゼリー(ベイビーサポート)について紹介しています。
もっと詳しくしりたくて興味のある方は見てみては。

一姫二太郎の家庭の声

最後に実際に一姫二太郎で良かったというご家庭を紹介します。

狙ったわけではありませんが

結婚前から私は娘が、主人は息子が欲しいという話をしていました。

1人目に娘が産まれ、比較的楽に育児をこなし2年が経過した頃に2人目を妊娠しました。
娘がお腹の子に話しかけたりお腹をさすったりとすでに「お姉ちゃんの顔」になっているのを見てうれしくなりました。

狙ったわけではありませんが、2人目は主人の希望通りの息子が誕生しました。今は私よりも娘の方が母親の様に甲斐甲斐しく世話を焼いています。

仲を取り持ってくれます

1人目が女の子で2人目を妊娠し、男の子だと分かると義母から“一姫二太郎だ!”と喜ばれました。私は言葉の意味が分からず“???”でしたが母親から意味を教えられ義母からは「この子を育てるのは楽そうだね」と言われました。

子供の性格はそれぞれ違うと思うので、そのときは「育て方に楽とかあるの?」とは思いました。
でも今では、たしかに周りのママさんの意見を聞いても一姫二太郎は楽だなって思います。

まとめ

一姫二太郎について紹介してきました。

一姫二太郎の家庭の声を見てみても、やはり育てやすいのは確かなようです。

でも、これから妊活に望む方は例え一姫二太郎という結果でなかったとしても二人の間に生まれてきてくれた大切な子供に変わりありません。

大事に育ててあげてくださいね♪