産み分けの方法

産み分けを行っている人でもそれが成功する人と失敗する人がいます。

失敗した人からは「同じ事をしているのになぜ?」と言った声が聞こえてくる事も少なくはありません。

100%は無いというのが自然の摂理と言うものですが、失敗する原因となる事を知らず知らずのうちに行っている場合もあります。

産み分けで失敗する原因や体験談を知って成功できるようにしていきましょう。

産み分けが失敗となる原因とは?

産み分けが失敗に終わる原因として多いのが

  • 1排卵日の間違い
  • 2間違った産み分けの方法(迷信)を信じてしまった
  • 3夫側の生活の見直しをしていない

この3つです。

1産み分けを行うには「女性の排卵日を知る事」が重要

きちんと毎朝基礎体温を計測し、正しい排卵日を知った上で子作りセックスをするタイミングを測ることで産み分けのスタートラインに立つ事ができます。

これを疎かにしていると「産み分けを実践したのに…」と言っても最初をすっ飛ばした事になります。

何事も正しい順番が重要です。

こちらで排卵日を計算して産み分けをする方法について詳しく紹介しています。

2間違った産み分けの方法(迷信)を信用しすぎない。

どこにでも迷信と言うものがあります。

特に田舎の方に行けば良く程その信憑性は高いと信じられています。

しかし、迷信はしょせん迷信です。

「男の子を望むか、女の子を望むかで酸性食品、アルカリ性食品を食べ分ける」といった迷信がありますが化学的な根拠も裏付けもありません。

あまり信用しすぎると産み分けに失敗した時に「迷信を信じすぎた為」ではなく「産み分けが悪い」と誤解してしまう事になりかねません。

こちらで産み分ける方法の迷信について紹介しています。

3夫から協力を得ていないばかりに夫側の準備が不十分

産み分けをするにあたり、夫婦で協力し合うことは大事です。

例えば、男の子を望むのであれば元気なY精子(男の子になる精子)を増やすために男性側は5日~7日の禁欲生活が必要だったりします。

夫婦で協力することで実際に希望の性別の子供を授かっている夫婦はたくさん存在します。夫婦で男の子が欲しいのか?女の子が欲しいのか?をしっかりと話し合い、夫婦で協力しながら産み分けの準備を行っていきましょう。

夫婦で協力し合って行う産み分けは夫婦の絆をより一層深めてくれる事でしょう。

産み分けに失敗した人達の失敗談

費用を抑えようとすべて自己流で

どうしても女の子が欲しい気持ちはありましたが妊娠後にかかる費用を考えると産み分けはお金をかけずに行いたかったのですべて本などで調べて自己流でした。

結果、妊娠自体はできたものの20週を過ぎて性別を教えてもらったら「男の子」でした。

赤ちゃんを授かれたのはうれしかったですが、希望していた女の子ではなかったので大分落ち込んでしまいました。

占いに頼ったばかりに

ネットで調べてみつけたのが「中国式カレンダー」という占いで産み分けする方法。

女の子希望だったので女の子になる時期に行為を行いました。

夫は毎回検診に付き添って先生に性別を聞いていましたが、発覚したのは「男の子」であるという事実でした。

希望してなかった性別ですが私は子供が持てた事が満足です。

占いは「当たればラッキーで当たらないのが普通」くらいに思っている方が良いですよね。

田舎の迷信で

主人の実家から結婚後1年2年経つと「子供はまだか?」と言われるようになりました。

義理の母は「絶対に男」と言い切り田舎の迷信に沿って様々な食材を送ってきたり、これをしたらいい。あれはしてはいけない。と口出しをしてきました。

妊婦検診で女の子と言われた事を報告すると残念がっていました。

男の子のプレッシャーを与えられていたから産み分けに失敗したのではないかと個人的には思っています。

確実に産み分けするための産み分けゼリー


ベイビーサポート公式サイト

産み分けの成功率を上げる方法としてベイビーサポートという産み分けゼリーを使うという方法があります。

男の子が欲しい人には「ベイビーサポート ボーイ」を女の子が欲しい人には「ベイビーサポート ガール」を使う事で希望の性別の赤ちゃんを授かることができる医療グッズです。

産み分けゼリーの使い方は

ゼリーはピストン状の容器の中に入っています。

使い方はいたってシンプルで子作りをするセックスの前に膣内にゼリーを挿入して、そのまま行為をします。

体内に入れて問題ないか心配する方がいるかもしれませんが、ゼリーの中身も容器も全てが日本製なので体の中に入れて使っても安心です。

返金キャンペーンも

2セット以上の購入者に限り、妊娠がわかった後で余ったゼリーを買い取ってくれるキャンペーンもあります。

いつ妊娠できるかは誰も分からないことなので、早めに妊娠した場合でも余った文を返金してくれるというのは使用者に嬉しいサービスですね!

まとめ

今回紹介したように産み分けに産み分けを行っても100%の確率で希望する性別の赤ちゃんが授かれる訳ではありません。

ただ、少しでも確率を上げるには産み分けゼリーのような産み分け法を使ってみるのも一つの手です。

多くの人に使われており支持されていることからも信頼できる医療グッズといえるでしょう。

使うことで、お母さんがリラックスした状態で妊活に望めるようになるという心の状態にも影響が出るようなので、良い心の状態で赤ちゃんを迎えることができるのも産み分けゼリーを使うメリットの一つですね。

気になった方は使ってみると良いでしょう。