不妊で離婚?不妊によって夫婦関係が悪化する理由と治療法を紹介

自分のパートナーとの愛する子供が欲しいと思うことは、多くの夫婦が思うことです。しかし、男性の側に不妊の原因があり、夫婦の関係が悪化し離婚に繋がってしまうというケースもあります。

この記事では、不妊で夫婦関係が悪化してしまう原因や、パートナーと取り組むことが出来る不妊治療法を紹介させて頂きます。パートナーとの赴任で悩まれている方は、是非この記事を読んで頂ければと考えています。

不妊が原因での離婚率は?

不妊が原因となり、夫婦関係が悪化し、離婚に至ってしまう割合はどの程度なのでしょうか。具体的な不妊が原因での離婚率の数字というのは、発表されていません。

ですが、3組に1組は離婚しているという現在の日本において、6組のうちの1組が不妊の問題を抱えているます。不妊が原因で離婚というデリケートな離婚原因ではあるので、それが公表されることはありません。しかし、夫婦関係の悪化という原因の中の一部には不妊が入っているのは間違いありません。

不妊によって夫婦関係が悪化する4つの原因

パートナーの不妊によって夫婦関係が悪化する原因というのは様々あります。主な原因を4つ紹介します。

1夫婦間に不妊に対する考えに、温度差がある

これが最大の原因と言われています。パートナー同士の不妊や不妊治療に対する考え方があまりにも異なっていると、それが夫婦関係に亀裂を生じさせてしまう原因となります。

どうしても子供が欲しいと考えている妻と、妻と一緒にさえいることが出来れば、思い詰めて子供を授かる努力をする必要はないと考えている夫との間には当然、不妊に対する考え方や不妊治療に対する取り組みの姿勢には、どうしても違いが出てしまいます。パートナーの片方は「こんなに悩んで、一生懸命頑張っているのに・・・」という思いがありながらも、もう片方に自分と同じくらいの情熱を感じないと、お互いの考えの違いから夫婦関係にズレが生じてしまうのです。

2周りからのプレッシャー

周りからの「早く子供を」というプレッシャーも、夫婦関係を悪化させてしまう原因の一つとなります。ありがちな話だと、姑からのプレッシャーです。以前は現代と比べると不妊に対する理解はなかった時代とも言えます。そのため、そんな問題を抱えているとは、よく理解されずに姑からまだ子供は出来ないのか?というプレッシャーをかけられてしまうというケースがあります。パートナー同士で色々と悩んで、自分達同士でもプレッシャーを感じている中で、周りからのプレッシャーが掛かってしまうと、非常に辛い状況になってしまいます。

3不妊治療に取り組んでみたものの、良い成果が出ない。

パートナー同士で相談して、不妊治療に取り組んでみたものの、良い結果が出ず、焦りかららお互いに苛立ってしまい、夫婦関係が悪化してしまうというケースもあります。

4子供を作るということに一生懸命になって相手を疎かにしてしまう

不妊を何とか乗り越えて、子供を作りたいと思ってしまうあまり、良好な夫婦関係を維持するためのお互いへの気遣いが疎かになってしまうケースでも、夫婦関係が悪化してしまう可能性があります。夫婦生活を送る目的が、子供を作ることだけになってしまうと、お互いを尊重する意思が薄れてしまい、自然と愛情が薄れてしまうこともあるのです。

もちろん上で紹介した以外にも、不妊が原因で夫婦関係が悪化してしまうケースは多々ありますが、よくある原因としては、このような原因が多いのです。

男性不妊に悩む妻と夫の気持ちとは?

男性不妊に悩まれている方も、パートナーの気持ちや、同じ境遇に置かれた男性がどのように感じているのか気になるところだと思います。この項目では実際の女性・男性双方が抱えている悩みや気持ちをご紹介します。

女性側の気持ち

周りの友人の妊娠や出産に対して、素直におめでとうという気持ちになれない
男性不妊が発覚して数年経ちますが、この先もずっと二人きりなのかと思うと・・・。
例え子供がいなくとも、夫を大切に想う気持ちには変わりないので、このまま二人きりでも良いと思ってます。

男性側の気持ち

検査を受けて、自分の精子の運動率を基準値と比較した数値を見て、頭が真っ白になってしまった
妻に対して申し訳ないという気持ちでいっぱいになった。パートナーが自分でなかったら、子供が出来ていると考えると、妻に離婚を切り出される覚悟もした
自分は、子供はそこまで欲しいとは思っていないが、妻はどうしても欲しいという気持ちだった。男性不妊の場合でも、不妊治療は女性に負担がかかることが多く、妻の苦しい気持ちをなかなか分かってあげることが出来なかった。

男性不妊に限らず、どちらかが不妊という問題を抱えていると、どちらも苦しい気持ちを抱えてしまうことが多いのです。不妊治療は、二人で行うものという気持ちで、相手を思いやる気持ちがないと、自然と双方に温度差が生まれてしまいます。お互いが納得行くまで今後どうしていきたいか、今どう感じているのかを納得行くまで話し合うことが重要です。

不妊治療はクリニックに通うだけでなくサプリメントでも可能

不妊治療の基本はクリニックへの通院ですが、必ずしもクリニックへ通うことが全てではありません。男性不妊に効果が期待出来るサプリなども存在するのです。

ミトコア300mg

こちらは、男性・女性どちらも飲むことが出来る、不妊に効果的なサプリです。「本当にサプリなんかで不妊が解消されるのか・・・」と思う方も多いと思いますので、どのようなものか詳しく紹介していきましょう。

ミトコア300mg3つの特徴

人間の細胞内にあるミトコンドリアは、人間が活動するために必要なエネルギーの約90パーセントをまかなっており、それは精子や卵子にしても同じなのです。「ミトコア300mg」は、このミトコンドリアに着目したサプリなのです。

1イースタティックミネラルが、老化した精子や卵子を若返らせる

イースタティックミネラルというのは、人間の様々な細胞の核となる、ミトコンドリアに対して効果のある、唯一の成分と言われている物質です。イースタティックミネラルは、ミトコンドリアの活発な分裂と増加を促す効果があり、老化した精子や卵子の機能を回復させる効果があります。人間の細胞レベルから精子や卵子の回復を促すというのは、非常に説得力がありますよね

2その他の成分も男性不妊に対して効果がある

主成分であるイースタティックミネラル以外に含まれるオリーブ葉抽出物、ジオスゲニン配糖体、アグリコン型イソフラボンといった物質。オリーブ葉抽出物は、イースタティックミネラルの効果を高める働きをし、ミトコンドリアのエネルギー効率に働きかける効果があります。ジオスゲニン配糖体、アグリコン型イソフラボンは共に同じ役割を担っており、男性・女性問わず、それぞれの体が持つ本来の体のめぐり・体内循環を取り戻す役割を担っています。

3決まった時間に飲まなければならないという決まりはない

薬のように決まった時間に飲まなければならないという決まりがあるわけではないため、クリニックでの治療と比べると気軽にトライ出来るのが魅力です。副作用もなく、心身に負担をかけることなくパートナーの二人で一緒に取り組むことが出来るのが魅力です。

まとめ

男性不妊を抱える夫婦の関係が悪化する原因や、それぞれの気持ちを紹介させて頂きましたが、如何でしたか。不妊治療に対してはどちらに原因があったとしても、二人で一緒に取り組むという気持ちが非常に大切です。男性不妊であっても治療では特に女性の側に大きな負担がかかってしまいます。男性不妊の場合、男性側も非常に辛い気持ちだとは思いますが、苦しんでいるのは相手も一緒だと言うこと理解して、納得が行くまで二人で話し合うことが重要です。

不妊治療は辛く苦しい部分もあり、お互いの心身に負担をかけたくないという場合には、紹介した「ミトコア300mg」のようなサプリも非常に有効です。クリニックでの治療、サプリによる改善の両方を検討しながら、お互いが納得する不妊治療を進めて行くことが非常に大切です。

 

    産み分けに効果がある妊活ゼリー
  1. ベイビーサポート
    使用感 5.0
    効果 4.5
    1箱7本入

    国内No.1人気の産み分け潤滑ゼリー

  2. ハローベビー
    使用感 5.0
    効果 4.0
    1箱7本入

    長年の実績と最安値の産み分け潤滑ゼリー

  3. ピンクゼリー
    使用感 5.0
    効果 3.5
    1箱10本入

    産婦人科と共同開発された女の子用産み分けゼリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)