産み分けゼリー

産み分けゼリーを使用することで、副作用や障害児が産まれるリスクがあるのでは、と心配されている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
産み分けゼリーを使用することが自然妊娠ではないのでは…という不安や懸念からそのように感じてしまうのだと思います。


国産の産み分けゼリーベイビーサポート

しかし、国産の産み分けゼリーは実際に体内に入れるものだからこそ、安全性には徹底的にこだわって生産されています。
ここでは、産み分けゼリーの使用を悩んでいる方が安心して使うことができるよう、ゼリーの安全性についてお話します。

産み分けゼリーの安全性

産み分けゼリーは女性の体の中に直接入れるものです。


そのため、母体への影響も気になりますしこれを使用して誕生する赤ちゃんへの影響や、パートナーである男性への悪影響がないかということは気になって当たり前ですね。
副作用、というと薬などを服用したときに体にきたす悪い影響のことを言いますが、そもそも産み分けゼリーは薬のようなものなのでしょうか。

産み分けゼリーは膣内の環境を整えるもの

男女の産み分けについて調べたことのある方なら既になんとなくは知っていることかと思いますが、赤ちゃんが男の子か女の子かということは受精したそのときに決まります。

簡単に説明すると、男性の精子にはX染色体とY染色体をもつものがあります。
X染色体の精子が卵子に結合すると女の子、Y染色体が結合すると男の子となります。
そして、このX染色体とY染色体にはそれぞれ卵子まで到達するのに適した環境というものがあるのです。
膣内が酸性に傾いていればX染色体が、アルカリ性に傾いていればY染色体が優位に活動します。
この酸性かアルカリ性か、つまりpH値をコントロールするのが産み分けゼリーです。

産み分けゼリーの成分って実は身の回りにあるもの!

「人のお肌は弱酸性」という表現が浸透しているように、人間にはあらゆる部分にあらゆるpHが存在しています。

食べたものを溶かす胃液は強酸性、血液や汗は中性、肌は弱酸性…といった具合です。
そして基本的に膣内は酸性に傾いていて、排卵日の前は少しアルカリ性に傾くということも分かっています。

この膣内のpH値を替えるために産み分けゼリーに配合されているのがクエン酸です。
どこかで聞いたことがありますよね。
クエン酸は柑橘類などに含まれる酸味のもとになっている成分です。
レモンやパイナップル、キウイなどに含まれていて私たちは普段食事から体内に摂取しているものです。

他の成分について

そのほかの成分についても見ていきましょう。

乳酸やヒアルロン酸

まず、保湿目的のために乳酸やヒアルロン酸が配合されています。

これらは、女性が日ごろ使う化粧水や乳液、ファンデーションのようなあらゆる化粧品に使用されているものです。
とくにヒアルロン酸に関してはサプリメントもあり、体内に吸収されても問題のない天然成分です。

塩化ナトリウム

そして、品質を保持するための安定剤として配合されているのが塩化ナトリウムです。
簡単に言えばお塩ですね。
塩化ナトリウムは人間が生きていくためには必要不可欠のミネラルです。

こちらも、お肌の引き締めやキメを整える効果、保湿効果もあり化粧品などに使用されるほか、品質維持のために安定剤としてボディクリームなどに使われることも多くあります。

このように見ていくと、成分はどれも安心できるものばかりですね。
産み分けゼリーは「薬」というほど強い成分は含まれていないと考えることができます。

なので、産み分けゼリーの公式サイトにも表記があるように副作用や障害児が産まれるリスクはありません。

国産の産み分けゼリーが特に安心


国産の産み分けゼリーベイビーサポート

特に国産の産み分けゼリーに関しては、どの成分も人体に無害であることが明らかになっています。
もちろん遺伝子に与える影響もなく、赤ちゃんの障害につながるようなことはありません。
また、口コミを調べた限りでも副作用と思われる症状を発した方は確認できませんでした。

これだけの情報社会ですから、なにか副作用などがあれば瞬く間に口コミで広がるはずですが、それがないというのは安全性を裏付ける一つの証拠となりますね。

一つ大切なことは、「成分をはっきりと公表している国産ゼリーを使用する」ということです。
そして、公式サイトの価格から大きく値下げして販売されているものは安全性が確認できないとも考えたほうが良いでしょう。
いつどこに罠が潜んでいるかわかりません。
大切な命を授かるときに使うものですから、購入するサイトは隅々までしっかりと確認しましょうね。

まとめ

いかがでしたか。
産み分けゼリーを「何かの強い力で性別をコントロールするもの」だと思っていると、副作用や胎児に障害が残るなど悪いことを考えてしまいがちですが、産み分けゼリーは「膣内環境を整えるお手伝いをするもの」だと思ってみてください。
実際に配合されている成分も、上に書いた通り安全性の確認できるものばかりです。
これがわかればもう怖くありませんね。

妊娠するにはストレスが大敵だそうです。
産み分けゼリーを使用するときに、不安があると妊娠しにくくなってしまいますのでぜひこの記事でその不安を取り除いていただければと思います。
また、産み分けゼリーを使っているから、絶対に男の子(もしくは女の子)がほしい!と強く思いすぎると、それがストレスとなって妊娠が遠ざかるということも考えられます。
妊娠はそれ自体がとても確率の低いことで、無事の出産に至るのは奇跡と表現する人もいます。
あまり強く思い込みすぎずに、肩の力を抜いてトライしてみてくださいね。