病院

産み分けを実践したいと思った時、1番に頭に浮かぶのは「どこの病院へ行けば良いのだろう?」という事ではないでしょうか?
病院での産み分けを経験したことがある人が周囲にいれば聞く事も可能ですが、何せプライベートな話になるので周囲にも話さない人が多いので病院探しも苦労しそうです。

そこで、今回は病院で産み分けする確率や信頼できる病院の選び方、病院での産み分け指導の流れについて紹介します。

病院で産み分けする確率

選んだ病院によって産み分けの確率が変わってくるのであれば、より確率の高い病院へ行きたいと思うのは当然です。
もともと産み分けを行わず妊娠すると男の子と女の子の出産の確率は50%と言われています。

場所にもよりますが、病院で指導を受けると産み分けの成功率は70%程度になります。
そのため病院での産み分けは高い確率を期待できる産み分けの方法といえます。

産み分けできる病院選び

産婦人科・婦人科

“妊娠したかも?”と思って受診するのが産婦人科。“婦人科系の病気の為”に受診するのが婦人科。

そう思っている人が多いようですが、実際には産み分けの相談を行っている病院もたくさんあります。特にご近所の病院であれば何かあればすぐに訪ねる事ができるので安心です。

メリットとデメリット

メリットは信頼して診療を受けられる。

デメリットは性別を選択することが、生命を操作することになるのでは?と考えている医師もいるので嫌悪感を示される場合がある。

1回の診察費の相場

10,000円〜20,000円

保険の適用あり

不妊専門病院

不妊の専門病院はたくさんの不妊患者を診察しています。
様々なケースを見て来られているので産み分けにも一定の理解を持っている先生が多く、対応も適切であると期待できます。

メリットとデメリット

メリットは受け入れ態勢が整っていること。
デメリットは人気の病院の場合、1ヶ月待ちなど予約がとりずらいこと。

1回の診察費の相場

20,000円〜50,000円

保険の適用あり

大学病院・公立病院

大きな病院ではたくさんの診療科目があり、患者の受け入れ態勢は万全です。
しかし、病院によって産み分け指導の方法が様々なので、事前に確認を取る必要があります。

メリットとデメリット

メリットは実績のある産み分け法を指導してもらえること。
デメリットはこちらの希望の産み分け法は受け入れてもらえないこと。

1回の診察費の相場

病院によって異なります。

病院での産み分け指導内容

排卵日の特定
家庭での基礎体温の測り方の説明を受けます。
説明通りに計測してもどうしても排卵日が特定できない場合は超音波

検査やホルモン
病気の有無を調べるために血液摂取や尿検査などを行います。

医師の指導
今後の検査や治療法、指導スケジュールについて説明を受けます。指導された事をきちんと行いましょう。

以上が、産み分け指導を病院で行う際の内容になります。

成功率を上げたいなら産み分けゼリーの使用が効果的

病院への通院によって産み分けが成功する確率が上がりますが、通院に抵抗があったり、面倒だという方もいるでしょう。
そんな方にオススメなのが、産み分けゼリーの使用です。


産み分けゼリーベイビーサポート公式サイト

産み分けゼリーは医学的にも認められている産み分け方法です。

子作りのためのSEXをする前に膣内にゼリーを入れます。
女の子を希望するなら膣内を酸性にする「ベイビーサポート for Girl」を男の子を希望するなら膣内をアルカリ性にする「ベイビーサポート for Boy」を使用します。

成功率も90%を超えるといわれている方法なので、産み分けの成功率を上げたい方は使ってみると良いでしょう。

安全に使用でき在宅で使用可能

産み分けゼリーは日本製で国の検査にも通過しているものなので安心して使用できます。使用するのに病院での処方箋なども必要ありません。

なので、ネット通販から購入し在宅で使用が可能です。

少しでも産み分けの成功率を上げたい方は使用してみると良いでしょう。

まとめ

「産み分けを成功させたいなら必ず病院へ行かなければならない。」
決してそのように推奨しているわけではありません。実際に家庭内で努力して産み分けを行い、成功している人もいます。
病院での産み分けは“成功率を上げる方法”としてとても有効な手段だと言えます。
ただ、病院での産み分けも決して100%の確率ではありません。

成功率を上げたいなら産み分けゼリーというグッズの使用も効果的でしょう。