妊活

「妊活」と聞いて想像するのはどのような事が多いでしょうか??

生活のリズムを整える

産婦人科を受診する

SEXを見直す

このように妊活と言っても方法は様々であり、人によって取り入れられるものとそうでないものなどもあります。

ここでは“SEXを見直す“に焦点を置いてみていきたいと思います。
妊娠する為のSEXとして良く知られているのは「体位・回数・タイミング」です

しかし、妊活にぜひ取り入れてほしいのが“妊活目的の潤滑ゼリー”です

そもそも妊活目的の潤滑ゼリーとは?

通常の潤滑ゼリーの使い方は「SEXを行う際に女性が受ける性交痛を和らげる為」に使用されていました。

元から体質的に愛液が出にくい人や気分が乗らないSEXに誘われた時に使う事が多いです。

しかし、現在では「妊娠する為に使う潤滑ゼリー」が多くあります。
これは、一般の潤滑ゼリーとは違い、精子の働きを活発にしてくれる作用があります。

妊活中の人には潤滑ゼリーを使って妊娠の確率をあげることができます。

人気でオススメの妊活用潤滑ゼリーランキング

  • 成分
  • 衛生面
  • 価格

数ある妊活用潤滑ゼリーの中でも上記、3つの点で人気があってオススメのものをランキング形式で紹介します。

第1位


エッグサポート公式サイトを見てみる

膣内の環境を精子が活動しやすいようにしてくれる潤滑ゼリーです。
多くの方に使用され、妊娠できたという実績が国内で一番ある医療グッズです。

→エッグサポートを使ったときの体験談

日本製だから高品質

エッグサポートは内容成分だけでなく、使われている容器やパッケージに至るまでその全てが「国内産・天然成分使用」にこだわり製造・販売を行っている潤滑ゼリーです。

様々な安全試験テストもクリアして精子が活動しやすいように最適化されています。効果的な潤滑ゼリーとしておすすめできます。

エッグサポートを使った人の口コミ

無事に妊娠

使い始めて4ヶ月で無事に妊娠できました。

今は安定期に入りました。

不妊だったけど

使った印象は潤滑ローションと変わりません。

6年間できなかったのですが、これを使ってからその月に妊娠できたので効果があったのは間違いなかったと思います。

 

第2位

フーナーサポート公式サイトを見てみる

妊活の分野では歴史あるシンゲンメディカル社が販売する妊活用潤滑ゼリーです。
妊活用以外でも粘液や分泌液などの減少による性交痛の軽減という「潤滑ゼリー」本来の目的での使用もできます。

精子の生命力を助ける働き

精子の生命力はそれ程強くはありません。女性の体内に入り、一気に子宮内へと進み卵子と結びつく事ができれば妊娠する事がとても高くなります。

フーナーサポートは膣内環境をコントロールし、精子の生命力や寿命を伸ばす事ができます。

フーナーサポートを使った人の口コミ

今思えば

なんとなく粘液量が少ないんじゃないかと思っていたので購入。結果的に妊娠できたので今思えば買って良かったのかなと思います。
性交痛がなくなったのは良かったです。

使い心地が良い

ゼリーということでベタベタなのをイメージしてましたが、さらさらで特に使っているときに不快には思わなかったです。

まだ使い始めたばかりなので、良い結果になることを祈っています。

 

第3位

プレシード公式サイトを見てみる

アメリカで開発された妊活用潤滑ゼリー。
写真の透明の容器にゼリーを入れて、それを注射器にいれて性交の15分前に入れて行為を行うというものです。

手間がかかるのが難点

使用するたびに注射器でゼリーを吸い上げる作業があるので面倒なことが嫌な方はエッグサポート、フーナーサポートのような日本製のほうが簡単に使えます。
日本製のものは使い切りで使ったら捨てるので衛生的にも良いです。
それでも使用者の口コミを見てみると効果があるのは間違いないようです。

プレシードを使った人の口コミ

海外産なのが

注文して1週間くらいで届きました。
デリケートなところに使うものなので本当に大丈夫なのかな?とは思いますが使った人のレビューがあるので試してみようと思います。

まだ妊娠できない

1箱使い終えましたがまだ妊娠出来ていません。
使ってすぐに妊娠はできないと覚悟していたので、もう一箱買って頑張ってみようと思います。

ランキング1位のエッグサポートを使ってみて

こちらが注文して2日で届いたエッグサポートです。
使い切りタイプでちゃんと梱包されているので清潔感があります。

大きさはこのような大きさです。

こちらが容器の先です。体を傷つけないように先が丸くなっています。

キャップを外してゼリーをこのように手に出してみました。
ゼリーは思ったよりネバネバ感がなく水っぽかったです。

膣の中に入れてみると最初はひんやりする感覚がありますが時間が経てば慣れてきて嫌な違和感はありません。ゼリーを入れた状態で性交を行います。


エッグサポート公式サイト

エッグサポートは何も女性だけ、男性だけに好評なわけでは無く男女共に使い勝手や使用感、安全性の高さで満足されているのが実感できました。

気になった方は一度試してみると良いでしょう。

返金キャンペーンもお得

エッグサポートには2セットや3セットのまとめ買いをした場合に早めに妊娠しても未開封分の買い取りを行ってもらえるキャンペーンがあります。

余ったものが無駄にはならないのは嬉しいサービスですね。

子作りセックスをするために心がけたい3つのこと

ここからは、妊活中の方に子作りセックスをするために心がけるべき3つのことを紹介します。

1、セックスの回数は多ければ多い程良い

セックスレスの夫婦は世界的にも年々増え続け、それは日本でも同じ傾向にあります。


出典:https://xn--2ckye5b255vfuu.com/

毎日セックスを行っている夫婦でも妊娠の確率は約37%と言われています。

その回数が1日おきに変わると33%。更に減って1週間に1回になると15%にまで低下します。
妊娠するためにはセックスの回数は非常に重要となってきますがセックスの回数が減ると絶対的に妊娠の確率は低くなっていきます。毎日か減ってても1日置きがベストな妊娠率でしょう!

排卵日は気にしすぎない

セックスの回数が減っている原因の1つに「排卵日の気にしすぎ」があります。

女性の排卵日をピンポイントで知るのは専門家でもかなり難しい事です。その排卵日に合わせて「月に1回だけ」セックスをしていては妊娠できるわけがありません。

そのため回数を増やしてできるだけ排卵日に近い日にもセックスを行う必要があるのです。

毎日セックスしても精子の数は減らない

“毎日セックスすると精子の数が減るのではないか?”というものです。

答えは「問題ないので男性は禁欲が必要ありません

精子は1秒間に数百個作られています。個人差はありますが1日で数千個、数百個が生まれているのです。

1度の射精でそれらがすべて放出されたとしても次の日にはまた元気に生まれてきます。

2、セックス前の雰囲気を大事にする

セックスを多く行うのは難しい!という意見は理解できなくもありません。
妊活中の夫婦の営みってどうしても、作業的になりがちですよね。

そのために「気持ちが入らない」「濡れないので性交痛になる」このような悩みを抱えている人って多いのが事実です。夫婦の営みが苦痛だと回数も減ってしまって妊娠に結びつきにくいことってありがちです。

その解決策の一つがセックス前の雰囲気を大事にすることです。

香水を付けたりしてセクシーさを出す

ベッドルームに生活臭が漂ってたりしてませんか?

普段の生活上にセックスを持ってきてはダメです。ベッドにセクシーな香水を一吹きするだけでも変わってくるので、ぜひ実践してみましょう。

あとは、女性がセクシーな下着、服装を着るというのも効果的です。男性の本能をくすぐるような格好を身につけましょう。

恋愛もののDVDを見る

特に女性は雰囲気重視です。

何気なくTVでコメディを見るのもリラックスできるので良いですが、オススメは恋愛もののドラマや映画です。

ちょっとエッチなシーンが出てきたりするので、そのタイミングで手をつないでみるなどスキンシップをとったりすると気持ちが高まるでしょう。

3、質の良い子作りセックスを行う

男女のセックス

本来は本能に身を任せた質の良いセックスを行う事で子供が授かる可能性は高まります。

ですが、不妊に悩んでいる人の多くはそれができておらずセックス自体の質が下がっています。

そして質の低いセックスを行っていても妊娠という良い結果には繋がりません。

ではなぜ質の低いセックスになってしまっているのか?

質の悪いセックスになる原因

それは女性の排卵日を利用したセックスを行う事で男性側に「義務感」が生まれてしまうからです。

「この日が排卵日だからセックスして射精してね」

そう言われて行うセックスは気持ち良くないですよね?

不妊治療や妊活では排卵日に合わせたセックスが推奨されています。しかしそれは夫婦間で納得して取り組む事が前提の話です。
少しでも思い違いや温度差があると何度、排卵日に合わせたセックスを行っていてもいつまでも結果を得られない状態が続きます。

子作りセックスを成功に導くには排卵日のタイミングばかりを重視せず、本能に身を任せた質の高いセックスを行いましょう。

まとめ

なかなか、妊娠にいたらないカップルは妊娠目的の妊活用潤滑ゼリーに頼ってみるのも一つの手でしょう。

潤滑ゼリーはSEX時に男性に挿入してもらうと、より入れやすいので“共同作業”として実感できるも良い所です。

子作りをするという目標を掲げるのであれば夫婦間でコミュニケーションをしっかりと取って日々行うセックスを質の高いものとすれば子作りセックスは必ずや成功する事でしょう。お互いが協力し合って、良い結果になるように頑張ってくださいね。