自閉症(自閉症スペクトラム障害児)とは

自閉症とは、生まれ持った脳の機能に異常が起こる先天性の発達障害のひとつ。
必ずしも知的障害を伴うものではなく、自閉症の症状は様々です。

自閉症(自閉症スペクトラム障害児)の3つの問題

自閉症で生まれた乳児は、以下の3つの問題を抱えていることがよくあります。

1.社会性の問題

自閉症児は人よりも、物に執着してしまうことがあります。

物に興味やこだわりを示しやすく、時計の針を延々と回し続けたり、おもちゃの車のタイヤをくるくると回し続けるといった行動がみられます。
反対に人への関わりへの興味が薄く、他人を意識して行動することができないといった問題があることが多いです。

2.コミュニケーションの問題

自閉症児は他人との会話や意思伝達がうまくできないことがあります。

同時期の子どもと比較し、言葉を話すことができなかったり、文章を読めない・理解できない(理解が十分でない)といった問題がみられます。
他にも、目を合わせない・要求を言葉で表さない・呼びかけへの反応がないなど、人への反応が乏しいことも特徴です。

3.想像力の問題

自閉症児は置かれている状況を理解にしにくいことがあります。

大人しくしていけなればいけない場面なのか、遊んでもいけない場面なのかわからず、静かにしていなければならない時にはしゃいでしまうといった行動が見られます。
また、他人の悲しみなどの感情を共有できず、相手が何を考えているかを想像できないために、トラブルを起こしてしまう傾向が多いです。

自閉症(自閉症スペクトラム障害児)が判断できる時期

出産前の自閉症の検査は可能?

自閉症は血液検査やエコー写真などによって、出産前に検査をすることはできません
なぜなら自閉症は脳内の問題とされているため。
診断は問診や心理検査・知能検査などによって総合的な判断が必要です。

乳幼児健診での検査

自閉症の基本的特徴は、およそ3歳くらいまでに現れるといわれています。
乳幼児健診が自閉症の診断に繋がることが多く、例えば1歳半健診では「単語を5語以上話せるか」といった判定があります。
早期発見・早期治療で子どもの負担が軽減しますので、小児科で早めの検査がおすすめです。

自閉症(自閉症スペクトラム障害児)の原因

これまでに挙げたような症状のある自閉症は先天性の障害ですが、では原因は何なのでしょうか。

自閉症(自閉症スペクトラム障害児)は遺伝する?

自閉症の原因はいまだ解明されていません。
しかし、現在までの研究では自閉症は単一の遺伝子ではなく、複数の遺伝子の変化が影響して起こるとも考えられています。
親の遺伝子がそのまま子に遺伝して発症するわけではないということです。

出産前・妊娠中の活性酸素が自閉症の発症に影響する

遺伝以外には、赤ちゃんがいる胎内の環境が自閉症の発症に影響しているという説があります。

活性酸素の影響

活性酸素とは、呼吸した時の酸素から発生するもので、他の物質を酸化する働きがあります。
本来の役割は体に侵入してきたウイルスを撃退することです。
しかし、増えすぎると健康な細胞も攻撃(酸化)してしまい、人体に害を及ぼします

妊娠中に活性酸素が増える原因

活性酸素が増える原因には以下のようなものがあります。

  • 紫外線
  • 加工食品、食品添加物など
  • アルコール
  • 喫煙、排気ガス、大気汚染
  • ストレス
  • 激しすぎる運動

自閉症(自閉症スペクトラム障害児)を防ぐために出産前にできること

活性酸素を増加させる要因として、特に妊娠中に危険であるのは喫煙・アルコールです。
妊娠前から禁煙は必須。
母親が妊娠初期に喫煙することで、子どもが自閉症になる確率が1.4倍に上がるとの報告があります。
受動喫煙でもリスクがあがるため、周囲の家族の理解も必要です。

また、妊娠中にアルコールを摂取することによって、活性酸素の増加の他にも「胎児性アルコール症候群」を発症する危険もでてきますので、飲酒はきっちり止めるよう心がけましょう。

妊娠中の食生活・生活習慣の注意点

食生活の注意点

妊娠中は栄養バランスがとれた食事が基本です。
主食を中心にエネルギーをしっかりと確保し、不足しがちなビタミン・ミネラルは副菜でたっぷりと摂ってください。
体の基礎となる主菜(肉、魚、卵、大豆)は、過剰摂取にならない程度に適量を。

つわりで食べられない時には、不足しがちな栄養素をサプリメントで補うのもおすすめですよ。

※食品添加物はできるだけ避けましょう

日本では食品添加物について、他の国に比べると基準が厳しくありません。
欧米では禁止されている添加物も日本では認可されている場合もあります。
食品添加物は、活性酸素を増加させてしまう要因にもなるため、特に妊娠初期は摂取を控える方がいいでしょう。

食品添加物にもさまざまな種類がありますが、特にインスタント食品やファストフード、コンビニの弁当には合成保存料、着色料などの添加物が多く含まれています
添加物を摂取することで、必ず赤ちゃんに影響があるということはありません。
しかし、可能な限り過剰摂取は避け、少しでも安全な食品を摂取していく習慣をつけていきたいですね。

生活習慣の注意点

睡眠や生活リズムを整えましょう。
深い睡眠が足りていないと、自分では気が付かないうちにストレスが溜まっているなんてことも。

でも妊娠中はホルモンの影響で、寝つきが悪かったり、眠りが浅かったりしますよね。
そんな時には軽く体を動かしてみてください。
軽い運動には睡眠を促進する効果があります。
安定期を過ぎたら無理をしない程度に歩いたり、マタニティヨガをしたり、上手にストレスを解消していくことが大切です。

出産前に葉酸サプリの摂取で自閉症リスクが低減

葉酸の摂取は妊娠期に必須

葉酸はビタミンB群に含まれる水溶性ビタミンで、赤ちゃんの新しい細胞が作られる妊娠期や、授乳期の母体にとって必要不可欠な栄養素。
妊娠初期に葉酸が不足すると、胎児の先天性疾患のリスクが高まるなど、赤ちゃんの発育に影響を及ぼすことが指摘されています。
妊娠前から妊娠12週に摂取することで、自閉症児誕生確立を49%下げるといったノルウェーの研究結果もあるほどです。

葉酸は摂取しにくい栄養素

しかし、480μgの葉酸が摂取できている女性は推計7.4%と言われています。
葉酸は葉物野菜や果物、豆類に多く含まれていますが、水に溶けやすく、熱に弱い性質を持った摂取しにくいビタミンです。
例)ブロッコリー2株で480μg

さらに厚労省では妊娠を計画している女性に向け、『食品からの葉酸接種にプラスして』1日400μgの葉酸接種を推奨しているので、サプリメントで補うことをおすすめしますよ。

※妊娠期・授乳期は摂取量を守りましょう。妊娠中の1日の上限値は900~1000μgです

自閉症(自閉症スペクトラム障害児)と葉酸サプリのまとめ

葉酸は出産前の赤ちゃんの細胞の分化や再生を助け、体の発育を促してくれることから、赤ちゃんの新しい細胞が作られる時期には必要不可欠の栄養素です。

せっかくお腹に訪れた赤ちゃん。
お腹の中ですくすくと成長してほしいですよね。

不足することで自閉症を含めた先天性疾患のリスクを上げないためにも、出産前から葉酸を飲むということが大切です。
バランスの良い食生活や、ストレスを減らす生活習慣とともに、葉酸サプリでしっかり葉酸を摂っていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)