女の子向け

1人目に男の子が産まれると長男を出産した安心感を得ますが、徐々に「2人目は女の子が欲しい!」となるもの。

そして2人目も男の子の場合は「3人目こそ女の子を育てたい!!」と更に希望を募らせるものです。

今回はそんな女の子を産みたい方へ女の子がいるメリットや女の子を産む確率を上げる方法について紹介します。

女の子がいる3つのメリット

お母さんにとって女の子がいるメリットは「楽しみ」の一言に尽きます。
小さい頃は男の子も女の子も育て方に変わりはありません。

しかし、大きくなるにつれて様々な違いが出てきます。

1洋服や髪型を変えて楽しめる

男の子はズボンしか履かせる事はできませんが、女の子はズボンの他にスカート、キュロット、ワンピースなど可愛らしい洋服がたくさんあるので選び放題です。

レースなどの素材やピンクや赤と言ったカラーも女の子に合わせやすいので、服を選ぶ楽しみは男の子よりも女の子の方が大きいと言えます。

髪についてもアレンジしてあげて毎日のスタイリングを楽しめます。

2会話を楽しめる

女の子は精神年齢が高く、幼稚園生の頃には会話の中に恋愛の話なども加わってきます。

恋愛話の相談相手は必然的に同性であるお母さんになるので会話自体が「女子会」のノリとなります。

3お兄ちゃんにも良い影響が

そして忘れてはいけないのがお兄ちゃんの存在です。お兄ちゃんも女の子が産まれると嬉しいんですよ。

大きくなると「妹なんていらない」や「弟が良かった」などと憎まれ口をたたいてケンカばかりしてしまいますが、妹が産まれた時のお兄ちゃんの喜び様はどの家庭でも同じではないでしょうか?

産まれてきてすぐの頃

・妹から片時も離れない。
・甲斐甲斐しく妹の世話を焼く

少し大きくなった頃

・外で周りから守ってあげる
・いろいろな事を教えてあげる

お兄ちゃんにとって女の子がいる最大のメリットは「正義感が生まれる」事だと言えます。

女の子を産み分ける確率を上げるには?

そんな女の子を産む確率を上げる手助けになる医療グッズはご存知でしょうか?


産み分けゼリーベイビーサポート

産み分けゼリーというグッズです。
女の子用の産み分けゼリーを使う事で女の子を妊娠する確率が上がります。
名前は違いますがピンクゼリーという名前で病院でも取り扱っているグッズなので、安心して使用できます。

産み分けする仕組みは?

膣内の環境が酸性の状態だと女の子が妊娠しやすくなります。

この性質を利用して産み分けゼリーは膣内環境を酸性に傾けることで女の子ができる可能性をグッと上げることができるのです。

なぜみんな産み分けゼリーを選ぶの?

産み分けゼリーは性行為を行う際に膣の中に挿入してゼリーを注入するという簡単な使い方です。

手取り早く始められて、成功する確率が高いのが産み分けゼリーなのです。

インターネットで購入する事ができ、手軽に始められることができます。

産み分けの成功確率は?

・産み分けを行わず妊娠した確率―約50%
・排卵予定日を計算しての産み分けの確率―約60%
・産み分けゼリーを使用した際の確率―約90%

産み分けを行わずに妊娠して希望の性別が産まれる確率が50%なので産み分けゼリーを使用することで希望の性別の産み分けに成功する確率は随分高まります。


産み分けゼリーベイビーサポート

以上、産み分けゼリーについて紹介してきました。
このグッズを使っても100%産み分けができる訳ではないので、どちらかといえば女の子が良いなという方は使ってみる価値があるでしょう。

まとめ

女の子を産むメリットや女の子を産む確率を上げるためにしたいことについて紹介してきました。

今回は母親目線で女の子を産むメリットを紹介しましたが、何も女の子が欲しいのってお母さんだけではないはずです。
実はお父さんも同様に女の子が欲しいと思っている家庭は多いのです。
「女の子は結婚する時寂しくなる」や「男親では女の子の育て方はわからない」などと言って女の子を避ける言い方をするお父さんもいますが、実際に女の子が産まれるとデレデレになるお父さんは数多く存在します。

いずれにせよ、どちらの性別の子を授かるかは夫婦間で決めることです。産み分けする場合でもしっかりと話し合ってからにしましょう。