男の子向け

1人目、2人目に女の子を産んだお母さんは「次こそは」と男の子を欲しがる人が多いようです。

今回はそんな男の子を産みたい方へ男の子がいるメリットや男の子を産む確率を上げる方法について紹介します。

男の子がいる3つのメリット

1育てることが楽しい

お母さんからしたら、男の子は異性です。

自分とは全く異なる体のつくりをしているのですから育てるのは大変です。しかしその苦労以上に息子を育てる事には意味があるのです。

女性にとって男の子を育てるというのは「異性を磨き上げる」のと同じ感覚なのでしょう。

そんな理由から男の子を育てる事自体を楽しんでいるお母さんは多いです。

子供を叱ったり、褒めたり、しつける行為は当然女の子にも行いますが、男の子が自分の言う事を聞いてくれた時の満足感は少し違うのかもしれません。

2行動、言動がかわいく、お母さん思い

息子は恋人”とはよく言った言葉です。

異性だからこそのかわいらしさがありますね。

 

やんちゃなイメージのある男の子ですが、実は意外と素直で優しいので家のお手伝いなどは女の子よりも男の子の方が継続してやってくれることが多いです。

男の子はいつまでも子供なので何より、お母さんを大事にしてくれます。

3上に女の子のいる家庭で男の子は育てやすい

1人目、2人目が女の子で、その後に男の子が産まれると心の優しい男の子に育つとも言われています。

小さい頃は姉弟で仲良く遊んでいたのが大きくなるにつれて徐々に距離を取る男の子もいますが、ある程度の年齢に差し掛かると何気ないしぐさでお母さんや姉達を守る事もあるそうです。

女の子は思春期になると母親に対して反抗期を迎える事が多くそれが悩みの種となります。

ですが男の子の反抗期は父親に対して行われる確率が高く、逆に母親に対してはあまり行われないと言われています。

上に女の子のいる男を育てる場合は「育てやすい」というメリットがあげられます。

男の子を産み分ける確率を上げるには?


産み分けゼリーベイビーサポート

どうしても男の子が欲しいと思っているのであれば、産み分けゼリーを使うと男の子が授かる確率を90%以上とグッと上げる事ができます。

産み分けゼリーとは?

性行為の際に女性の膣内にゼリーを挿入して膣内の環境を性別を男の子にする精子(Y精子)が活動しやすい状態に整える医療グッズです。

通常、女性の膣内は酸性となっています。産み分けゼリーを使うと膣をアルカリ性に変える事ができ、男の子にする精子(Y精子)が卵子に到達する確率を上げることができます。

結果的に妊娠の確率をグッと上げる事ができるのです。

なぜみんな産み分けゼリーを選ぶの?

SEXの方法を工夫したり、生理周期を計算する方法など産み分けを成功させる方法は他にもありますが手取り早く始められて、成功する確率が高いのが産み分けゼリーなのです。

インターネットで購入する事ができ、手軽に始められることができます。

産み分けゼリーに副作用などのリスクはないの?

産み分けゼリーは中国産や他の国の物も多く出回っていますが安心安全を求めるのであれば「国内産」にこだわる事です。
ベイビーサポートのように成分がきちんとわかっていて、製造工程も公表している国内産を選べば安心です。

まとめ

「何らかの理由で次に授かるの男の子が良いかな?」というお母さん、お父さん。

今回挙げた意外にも男の子には素晴らしい魅力が沢山あります。

また、産み分けできる確率を上げたいなら産み分けゼリーというグッズを使うことで男の子が産まれる可能性が上がります。

少しでも可能性を上げたいなと考えているなら使ってみては。