その他

芸能人の中にも子供の性別を産み分けた方はいらっしゃいます。
今回はそんな芸能人を紹介しようと思います。

ビッグダディ(林下清志)

「痛快!ビッグダディ」で有名になったビッグダディこと林下清志さんは最初の妻である佳美さんとの間に、

と、9人の子供がいます。

その子供たちの性別を産み分けたと雑誌のインタビューで話されています。

子供の産み分けも、元嫁のときは最初の4人目まで完璧です。

自分の思ったとおりに、女、男、男、男っていうふうに産み分けて。

要するに、排卵日の始まりで卵が遠くにあるときに、

相手を興奮させずに入り口から精子を泳がせれば女の子になりますよ。
逆に、排卵日どんぴしゃで卵が近いところに、興奮させて興奮させて、

今だっていうときに一番奥から泳がせば男の子になるんですよね。

ただ、普通の男はそんなときにそんなことを考えていられるかどうかですよね、夢中になっちゃって。

(※週刊ポスト2013年6月14日号)

これは産み分け法の中でも有効な排卵日から計算してSEXのタイミングを測る方法SEXの方法を工夫して産み分けする方法を実践されていますね。

→排卵日から計算してSEXのタイミングを測る方法

→SEXの方法を工夫して産み分けする方法

当サイトでも紹介している方法なので興味があれば、見てみてください。

4人目まで完璧にできたというのはすごいですね。「興奮させて興奮させる」SEXができたということは、かなりの床上手?なのかもしれません(笑)

産み分けをしたのは最初の4人で、5人目からは性別はどうでもよくなり産み分けは実践されなかったようです。

市川海老蔵、麻央夫妻

これはあくまで噂ですが市川海老蔵、麻央夫妻も歌舞伎の世界では男の子を生まなければならないというのが理由で、2人目は男の子を希望されて産み分けを実践されていたそうです。

歌舞伎の世界で男の子が重宝される理由

歌舞伎の世界では跡継ぎは男の子にしかなれないため、歌舞伎役者の妻は、男の子を生んでこそ一人前と言われるほどのようです。

なんだか女性にとっては精神的にきつそうですよね。

そんな状態なので市川海老蔵、麻央夫妻も子供の性別を産み分けていたという噂がありますが具体的な方法などについては分かりません。

どんな産み分け法を実践していたとしても100%の確率ではないので、男の子である勧玄(かんげん)君が産まれてくれて良かったですね。

鈴木おさむ、大島美幸夫妻

鈴木おさむさんが「胎内記憶」で有名な池川明医師とトークショーで共演した際、奥様の大島美幸さんが産み分けについて池川先生に質問したところ、

妻もお客さんの一人として見に来まして。

一番最後に、客として質問しました。

質問は「男女の産み分けって出来るんでしょうか?」

池川先生の答えは、出来る・・・でした。

その辺、また僕もちょっと勉強したいなと。

という回答を得たようです。

実際に産み分けをされたかは分かりませんが、興味はお持ちだったようなので息子さんの「笑福(えふ)君」を産んだときには実践されたのかもしれませんね。

産み分けに効果的な方法は?

今回紹介した芸能人以外にも公表はしていないだけで産み分けを実践している方はいるはずです。

そんな産み分けの方法の中でも人気なのが、産み分けゼリーというグッズを使用した方法です。


ベイビーサポート公式サイト

この産み分けゼリーの使い方は簡単です。

性交渉をする前に、女性器の中に希望の性別のゼリーを入れるだけというシンプルなもの。


そうするだけで、膣内の酸性度(ph値)が変わるので希望の性別に産み分けできるようになります。

成功率も80%程度と高い確率があります。

→確率的に失敗しない、国産の産み分けゼリー通販ランキング

紹介したベイビーサポートの他にもいくつか気になる方は見てみては。