産み分けの方法

排卵日を計算したり、産み分けゼリーでの産み分けの他にセックスの体位で男の子、女の子を産み分ける確率を上げることができるのはご存知でしょうか?

今回はそんな、産み分けの確率を上げるためのセックスの体位を男の子、女の子別に図解付きで紹介します。

男の子を望む場合の体位

男の子を望むのであれば、前戯をしっかりとして濃厚なセックスをするのが良いとされています。

理由は男の子になるY染色体という精子にとってはオルガスムス(性的快感)を感じて膣内がアルカリ性になった状態では動きが活発になりやすく卵子に届きやすくなるからです。

このように濃厚なセックスは男の子を望む場合に非常に有利な環境になります。

濃厚なセックスで

濃厚なセックスとは前戯をたっぷり行って深い挿入をすることを言います。
深い挿入の方が良いのは女性がオルガスムス(性的快感)を感じやすいためです。

では、深い挿入が出来る体位にはどのようなものがあるのでしょう?

正常位

正常位は女性が下、男性が上の体位です。
向かい合う体位で密着度も高く深い挿入ができます。

後背位(バック)

後背位はいわゆるバックの体位です。
前かがみの女性に、男性が後ろから挿入します。

屈曲位(くっきょくい)

屈曲位は女性が仰向けになり、膝を折り曲げるように足を開きます。
男性はその足を抱え込むように挿入します

男性の体重がかかりやすい体位なので深く挿入ができます。

前座位(前座位)

男女が向かい合って座った状態の体位です。
コツは腰を低めに落とすことです。そうすることで深く挿入ができやすくなります。

産み分けゼリーでさらに男の子の確率アップ

以上のことに加えて産み分けゼリー(ハローベビーボーイ)なるものを利用することで、さらに男の子が産まれる確率が上がります。

確実に男の子がほしい場合は利用すると良いでしょう。

女の子を望む場合の体位

女の子を望む場合はあっさりしたセックスが効果的だといわれています。

理由は女の子になるX染色体という精子にとってはオルガスムスを感じずに膣内が酸性になった状態では動きが活発になりやすく卵子に届きやすくなるからです。

前戯なしであっさりしたセックスを

あっさりしたセックスとは前戯なしで浅い挿入をすること言います。
浅い挿入の方が女性側に刺激がなくオルガスムス(性的快感)を感じにくいためです。

では、浅い挿入が出来る体位にはどのようなものがあるのでしょう?

正常位

男の子希望の産み分けでも紹介した正常位ですが、女の子希望の場合は膣内の浅いところで射精するのがポイントです。

後背位(バック)

男性が女性の後ろから挿入する後背位。
男性側で挿入の度合いを調整しやすい体位です。

後側位

女性は足を伸ばして閉じて、男性は女性と同じ方向を向きながら挿入します。

足を閉じることで結合が浅くなります。

産み分けゼリーでさらに女の子の確率アップ

以上のことに加えて産み分けゼリー(ハローベビーガール)なるものを利用することで、さらに女の子が産まれる確率が上がります。

確実に女の子がほしい場合は利用すると良いでしょう。

まとめ

いかがでしょうか?
男の子を希望する場合には濃厚なセックス深い挿入をする、女の子を希望する場合にはあっさりしたセックス浅い挿入をすることで希望の性別に産み分けできる確率が上がります。

他にも膣内を男の子、女の子どちらかが産まれやすい環境にするための産み分けゼリーなるものもあります。


国産のものなので安心して使えますし、確実に産み分けをしたい方はこちらを利用するのも良いでしょう。