産み分けの方法

女性がイク(性的興奮を感じる)と男の子が産まれやすいという噂がありますが、本当なのでしょうか?
今回は女性がイクと男の子が産まれやすくなるメカニズムや、産み分け成功率を上げる方法について紹介します。

ポイントは膣内の酸性度

このように女性の膣内は基本的に酸性に保たれています。

また、男の子になる精子は酸性に弱いという性質を持っています。
なので男の子を希望する場合は酸性の膣内をアルカリ性にする必要があります。

女性は感じると膣内がアルカリ性になりやすい

女性が性的興奮(オルガスムス)を感じた時に分泌する愛液はアルカリ性になっています。

・通常の膣内の酸性度pH3・8~4・2

・最初のオルガスムスの直後pH5・2~6・0

・2回目のオルガスムスの直後pH6・3~6・8

このようにアメリカの研究ではオルガスムスを感じれば膣内がアルカリ性に傾くことが分かっています。

つまり、刺激するセックスを行うことで女性が性的興奮(オルガスムス)を感じやすくなり男の子が産まれやすくなるというメカニズムです。

性的興奮(オルガスムス)を感じやすくするセックスとは

性的興奮(オルガスムス)を感じやすくするセックスは前戯をしっかりと行い、深い挿入で行うセックスを指します。

もし、男の子を産みたいけど普段はあっさり終わらせがちなセックスをしている旦那さんなら、性的興奮(オルガスムス)を感じやすいセックスにしてもらえるようにお願いしてみましょう。

女の子を産みたいなら逆です

女の子を産みたいなら、膣内を酸性の状態のままにする必要があります。

なので、なるべく女性が刺激しないセックスをするべきです。

具体的には、前戯をせずに浅い挿入であっさりとセックスを行います。

このようなセックスは楽しくはないでしょうが、女の子を産み分けするためと割り切るようにしましょう。

産み分けゼリーがより効果的に産み分けが可能


ベイビーサポート公式サイト

セックスの方法も産み分けに効果的ですが、産み分けゼリーを使って産み分けする方法はより希望の性別の産み分けできる確率を上げられます。

産み分けできる成功率は92%というデータがある程です。

膣内の酸性値を変える効果が

先ほども紹介したように膣内の酸性値が酸性アルカリ性かで男の子か女の子かを産み分けするのですが、産み分けゼリーを使えば膣内の酸性値を科学的に変えることができます。

使い方は簡単

セックスの前に膣の中に希望の性別のゼリーの容器を挿入してピストンを押します。
そうすると中からゼリーが出るので、膣内をゼリーで満たします。

それからセックスをするという簡単な方法です。

産み分けゼリーベイビーサポートの口コミ、評判、効果や特徴を紹介します

こちらで詳しく産み分けゼリー(ベイビーサポート)について紹介しています。
興味のある方は見てみては。

まとめ

女性がイクと男の子が産まれやすくなるメカニズムについて紹介してきました。

セックスでの産み分け成功率は70%程度と言われいますので、より産み分け成功率を上げたい人は産み分けゼリーを使用してみても良いでしょう。

いずれにしても大事なのは夫婦で話し合いながら行うことです。
2人で協力して産み分けを行い、産まれた赤ちゃんが例え希望の性別の子でなかったとしても2人の間に産まれてきてくれた子です。
大事に育てて上げてください。