産み分けの方法

例えば年配の男性や女性には「食べ物を変えると産み分けを成功させる事ができる!」と信じている人がとても多いです。

その理由は、昔に自分達も周囲から男の子・女の子を産み分ける為に有効だと言われている食べ物を薦められていた為です。

でも、実際には食べ物を変える産み分け法には一切根拠がないことが最近の研究で分かっています。

今回はなぜ根拠がないのかや、食べ物ではない産み分けの方法で効果的な産み分けゼリーについて紹介します。興味のある方は最後まで見てみてください。

昔に産み分けできると言われてきた理由

昔に産み分けできると言われてきた食べ物にはどのようなものがあるのでしょうか。

産み分けできると言われていた食べ物

男の子を授かると言われていた食べ物:ナトリウムとカリウムが必要だと考えられていました

食材例)肉・魚・卵・白米・めん類・イチゴ・コーヒー など

女の子を授かると言われていた食べ物:カルシウムやマグネシウムが必要だと考えられていました

食材例)大豆・キャベツ・ヨーグルト・ほうれん草・生姜・バナナ・りんご・緑茶・チーズ など

このように男の子・女の子を産み分ける為の食べ物については多くの人が親や周囲の人に教えられて実践してきました。

しかし実の所、

食べ物での男の子・女の子の産み分けは迷信にすぎません!

では迷信だと言われる理由は一体何なのでしょうか?

①食べ物での産み分けには成功したというデータがない

今までに多くの人達が食べ物で男の子・女の子の産み分けを実践してきました。

しかし「食べ物を変えた事によって本当にその効果があったのかどうか?」という信憑性のあるデータが全く残されていません。

本当に男の子or女の子を望んで食べ物での産み分けを実践し、望んだ性別の子供を結果的に授かれたとしても食べ物と産み分けの関係を誰も証明できなければ根拠としては全く無いのと同じです。

②そもそも食べ物での産み分けには医学的な根拠がない

いくら酸性食品やアルカリ性食品を積極的摂取しても体内(特に女性の子宮内)の環境が酸性やアルカリ性に傾く事は決してありません。

それは人間の体はさまざまな臓器の働きによって常に一定の状態に保たれているからです。

第一、食べ物で体内の環境がすぐに変わってしまったら“健康な人“が誰一人として存在しなくなってしまいます。

以上の理由により食べ物による産み分け法は迷信に過ぎません。誰かから聞いたり、本などに書いてあっても信じないようにしましょう。

医学的に根拠があるのは産み分けゼリーの使用

食べ物の他にも食酢や重曹を水で薄めたもので念入りに膣内を洗浄するという方法もありますが、効果的ではありません。

本当に医学的に根拠があるのは産み分けゼリーの使用です。


産み分けゼリーベイビーサポート公式サイト

産み分けゼリーは膣内に希望の性別のゼリーを入れることで膣内の酸性度を変えるというグッズです。

このグッズを使用した産み分け成功率も80%以上と100%ではないにしても高い成功率がデータとして残っています。

使い方について

使い方は簡単で性交渉をする前に、女性器の中にスポイト状の容器を挿入してゼリーを入れるだけというシンプルなもの。

使い捨てタイプなので、使ったあとは捨ててしまってOKです。

産み分けの成功率を上げたいと考えている方は使ってみると良いでしょう。

まとめ

食べ物で男の子と女の子を産み分けする方法は全く根拠のない方法です。

しかし「どうしても男の子が欲しい!」「どうしても女の子を授からなければならない!」といった特別な理由がある人にとっては例え迷信でも藁にもすがりたい思いがある信じてしまう方がいるでしょう。

そんな方が実践したいのが産み分けゼリーを使用しての産み分けです。

ちゃんとした医学的根拠のある方法なので、産み分けしたい方は実践してみると良いでしょう。