産み分けの方法

日本と同様に中国でも子供の産み分けが行われている事をご存知ですか?

中国では「中国式産み分けカレンダー」というカレンダーを使って男の子・女の子の産み分けを行っているそうです。

中国式産み分けカレンダーとは一体どのようなものなのでしょうか?

そしてそれは日本人でも産み分けを成功することができるものなのでしょうか?
紹介します。

中国式産み分けカレンダーって?

中国式産み分けカレンダーとは13世紀頃に作られた男女の出生判断の表の事です。
使い方は受胎月(SEXをした日)と数え年(中国の年齢)の妊婦の年齢を表に当てはめて男の子が産まれるか女の子が産まれるかを判断する方法です。

数え年は、生れた年を1歳とする計算方法で、以降は1月1日に1歳年を取る計算です。

例えば6月1日生れの人なら、1月1日から5月31日までは実年齢に2歳プラスし、6月1日から12月31日までは実年齢に1歳プラスする計算になります。

なので、誕生日前の22歳の人なら、数え年では24歳で、誕生日を過ぎた26歳の人なら、数え年は27歳です。

中国式産み分けカレンダーが成功する確率について

当時の統計を元に作られていますが現在でも中国国内での的中率は99%とほぼ100%の確率で産み分けが成功するという噂があります。

でも、本当にそんな高い確率で産み分けをすることができるのでしょうか?

この成功率の高さに疑いを持った人が独自に調べた所、日本人に対しての産み分けの的中率は実際には約60%程度まで落ち込んだという結果があります。

それもそうですよね。本当にこの方法で確実に産み分けに成功できるなら、もっと知っている人が増えて実践する人が増えても良いはずです!

占いの1つとして考えましょう

中国式産み分けカレンダーは「科学的根拠は無いが結果としては確率が高い」事から「産み分け占い」としてとらえた方がよいです。

例え外れることがあっても「占い」の一つに過ぎません。

産み分けに成功する確率を上げたいなら産み分けゼリーの使用


産み分けゼリーベイビーサポート

より産み分けの確率を上げたいのであれば産み分けゼリーを使った方法が科学的にも証明されています。

産み分けゼリーとは?

産み分けするためのゼリーを使った産み分け方法で、希望の性別向けのゼリーを女性の膣内に注入してからSEXを行います。

膣内と子宮内の濃度を酸性orアルカリ性に傾けてくれるので精子の活動力が高まり産み分けに効果があります。

産み分けの成功率は80%以上ともいわれているので、確率を少しでも上げたい方は使用すると良いでしょう。

まとめ

中国式産み分けカレンダーは中国では知らない人がいない程メジャーなものです。昔から使われており科学的根拠が無いにも関わらず使用する人の多さには目を見張るものがあります。

ただ、産み分けの確率を上げるには中国式産み分けカレンダーは信頼がおけるものではないので「どうしても産み分けを成功させたい人」や「少しでも産み分けの確率を上げたい人」などには産み分けゼリーを使った産み分けを行う事をおすすめします。

科学的根拠がある産み分けゼリーを使用することで産み分けできる確率が上がるでしょう。