女の子向け

お母さんにとって女の子ってかわいく着飾ってあげる事ができ、大きくなると一緒にファッションを楽しんだり恋バナを楽しんだりと「同性同士の楽しみ」が沢山ありますよね
1人目に男の子が産まれると徐々に「2人目は女の子が欲しい!」となるものです。
決して産まれてきた男の子がかわいくないわけではありません。
しかし、お母さんの心の中では女の子を欲する気持ちは男の子の出産人数が増える毎に高まっていくものです。

今回はそんな女の子がほしい方に女の子がいるメリットや女の子を産む確率を上げるためにしたいことを紹介します。

女の子がいるメリットとは?

お母さんにとって女の子がいるメリットは「楽しみ」の一言に尽きます。
小さい頃は男の子も女の子も育て方に変わりはありません。しかし、大きくなるにつれて様々な違いが出てきます。

①洋服の違い

男の子はズボンしか履かせる事はできませんが、女の子はズボンの他にスカート、
キュロット、ワンピースなど可愛らしい洋服がたくさんあるので選び放題です。
レースなどの素材やピンクや赤と言ったカラーも女の子に合わせやすいので、服を
選ぶ楽しみは男の子よりも女の子の方が大きいと言えます。

②髪型の違い

小さい男の子はその多くが短髪です。(たまに長い子もいますが。)

女の子でも短い子はいますが、やはり髪を伸ばしてヘアーアクセサリーを付けている子も多いです。可愛い小物は女の子の特権ですね。

ヘアーアレンジが好きなお母さんにとって女の子の髪はとても腕の振るいがいがあるので毎日のスタイリングがとても楽しみになります♪

③会話の違い

しゃべるようになると男の子は汚い言葉や乱暴な言葉が増えてきます。(一概には言
い切れませんが。)
女の子は精神年齢が高く、幼稚園生の頃には会話の中に恋愛の話なども加わってき
ます。
恋愛話の相談相手は必然的に同性であるお母さんになるので会話自体が「女子会」
のノリとなります(笑)

女の子を産み分ける確率を上げるには?

では、そんな女の子を産む確率を上げるのに効果的なグッズはご存知でしょうか?


産み分けゼリーベイビーサポート

それが産み分けゼリーというグッズです。
女の子用の産み分けゼリーを使う事で女の子を妊娠する確率が上がります。
名前は違いますがピンクゼリーという名前で病院でも取り扱っているグッズなので、安心して使用できます。

産み分けする仕組みは?

膣内の環境が酸性の状態だと女の子が妊娠しやすくなるのですが、この産み分けゼリーは科学的に膣内環境を酸性に傾けることができます。

産み分けゼリーの使い方は?

産み分けゼリーは性行為を行う際に膣の中に挿入してゼリーを注入します。

更に確率を上げたい場合は産み分けゼリーをX精子(※)が卵子と出会うであろう「排卵予定日の2日前」の性行為時に使うと良いでしょう。
※X精子=女の子生まれる為に必要な精子で2~3日は生き続ける事ができます。

産み分けの成功確率は?

・産み分けを行わず妊娠した確率―約50%
・排卵予定日を計算しての産み分けの確率―約60%
・産み分けゼリーを使用した際の確率―約90%

産み分けを行わずに妊娠して希望の性別が産まれる確率が50%なので産み分けゼリーを使用することで希望の性別の産み分けに成功する確率は随分高まります。


産み分けゼリーベイビーサポート

以上、産み分けゼリーについて紹介してきました。
このグッズを使っても100%産み分けができる訳ではないので、どちらかといえば女の子が良いなという方は使ってみる価値があるでしょう。

まとめ

女の子を産むメリットや女の子を産む確率を上げるためにしたいことについて紹介してきました。

今回は母親目線で女の子を産むメリットを紹介しましたが、何も女の子が欲しいのってお母さんだけではないはずです。
実はお父さんも同様に女の子が欲しいと思っている家庭は多いのです。
「女の子は結婚する時寂しくなる」や「男親では女の子の育て方はわからない」などと言って女の子を避ける言い方をするお父さんもいますが、実際に女の子が産まれるとデレデレになるお父さんは数多く存在します。

いずれにせよ、どちらの性別の子を授かるかは夫婦間で決めることです。産み分けする場合でもしっかりと話し合ってからにしましょう。